ブロガーがアフィリエイトに参入するときの心得

business
こんにちわ、所長です。

今日のブログ記事では、ブロガーがアフィリエイトに参入するときの心得をまとめてみたいとおもいます。
この記事を書こうとおもったきっかけとしては、主に以下の3つあります。

  • 近年、イケハヤさんやENJILOGさんのように、ブロガー出身orブロガーとアフィリエイタを兼任している人が台頭してきた印象があること
  • 先月、room9のQtaroさんのgoogleハングアウトにご招待いただき、ブロガーさんたちとアフィリエイトに関して語る機会があり、その後いろいろ考えるようになったこと
  • 所長自身がもともとブロガー出身からアフィリエイターに転身したこともあり、後に続こうとしているブロガーさんの道標をつくりたいと思ったこと

皆様にお願い

本題に入る前に、皆様にお願いしたいことが一点あります。

所長自身、このブログでもtwitterでも情報はできるだけ惜しまずに、できるだけぼやかさずに包み欠かさず情報公開していこう、と考えて日々発言をしております。ですから、もしこの記事を読んで少しでも参考になったと思った方は、「所長のここを参考にして成功した」「所長とは違う、こういう考え方で成功した」「逆に失敗した」など、あなたの体験をブログやツイッターにて情報公開して欲しいのです。

ペイフォワードという映画がありますが、「誰かに良い行いをすれば、その誰かも人にいいおこないをする連鎖が発生し、まわりまわって自分にも帰ってくる」という考え方に所長は共感しています。

ですから、所長に対してどう、でなくて構いませんので、あなた自身も出来る限りの情報公開をしていただけると、ほんの少しづつでも善意の連鎖が起こり、最終的にはあなた自身にも善意がかえってくると思います。ですので、この記事を読んで少しでも「参考になった」と思う部分があったら、あなた自身も次の誰かに向けて情報公開をお願いします。

ブロガーとアフィリエイターの決定的な違い

これはツイッターでもさんざん書いてきたことですが、ブロガーとアフィリエイターは共にサイトを運営している点では共通していますが、そのコンテンツには決定的な違いがあります。

それは「ブロガーは自分の書きたいことを記事にする」のにたいして、「アフィリエイターはユーザーが求めている情報を記事にする」ということです。

ブロガーは、基本的には「承認欲求」を満たしたいがためにブログを書いている人が多いと思います。ですから、第一優先が承認欲求、その上で収益が少しでも上がればいいな、と考えているかと思います。
逆に、アフィリエイターは収益が第一優先、多少自分の信念を曲げたとしても、ユーザーが求めている情報を提供し、商品購入の背中を押してあげる、のが仕事です。

ブロガーの広告収入は、「好きなことを好きなだけブログに書いていた結果、誰かがたまたま共感して、たまたま誰かが商品を購入してくれた」「たまたまアドセンスをクリックしてくれた」という収益の上がり方なのにたいして、アフィリエイターは収益有りきのコンテンツを作っている、という点が決定的に違います。

承認欲求と収益の優先順位が真逆なので、見たような人種に見えても実はまったく正反対なアプローチなのです。
まずはここを理解してください。そして、「書きたい記事を書く」ことは一旦忘れてください。
アフィリエイトに慣れてきたら、あなたの書きたい記事で収益を上げることもできるようになります。でも、最初だけは忘れて、「ユーザーが何を求めているのか」だけを考えて記事を書くようにトレーニングをしてください。

あなたから見てアフィリエイトサイトはゴミに見えますか?

きっと、「アフィリエイトを始めてみようと思っているブロガー」さんの目には、世の中に数多く存在するアフィリエイトサイトはクオリティのひくいゴミサイトばっかりだ、と思っている方が多いのではないでしょうか?

「こんなゴミみたいなサイトを毎日量産して金を稼ぐくらいなら、好きなことを書いてほんのすこしのアドセンス収入でももらってるほうがマシだ」と感じる方もいると思います。

安心してください、そう思っているのはあなただけではありません。
かくゆう所長自身もブロガーをしていた時代にはそう思っていました。「アフィリエイトサイトはゴミばかり」だと。

でも、それは先の項目で述べたとおり、アフィリエイターとブロガーの発想が真逆だから理解できていないだけで、収益を上げることに特化したアフィリエイトサイトのできの良さは、ブロガーのあなたにはまだ理解できなくて当然なのです。それでも、実際はゴミではありません。

あなたの目に触れたということは、少なくとも検索の上位に表示させることは成功しているし、実際におそらく収益も上がっているでしょう。

僕自身も「世の中のアフィリエイトサイトはゴミばかりだから、駆逐してやる!ブロガーの底力を見せてやる!」と思いつつアフィリエイトを始めましたが、結局は自分のちからのなさ、ブロガーの方法論が通じないこと、いままでわからなかった(ゴミだと思っていた)アフィリエイトサイトが実は売上を上げることに関しては非常に合理的に構築されていることに、あとから気づいたのです。

だから、今は理解できなくても、けっしてアフィリエイトサイトをゴミだとは思わず、このサイトのどこが売上につながっているんだろう、と真剣に見てください。
数ヶ月もまじめにやれば、きっと今まで理解できなかったアフィリエイトサイトの合理性がわかるようになるはずです。

アフィリエイトの情報商材は買わなくてもいい

ブロガーとしての腕に覚えがあるあなたには、アフィリエイトの情報教材はおそらく買う必要はまったくないと思います。所長自身もルレアやアフィリエイトファクトリーなどの情報商材は手元にありますが、(多少はヒントになった部分はあれど)現在の収益を構成するための要素としてはほとんど生きていません。
これらのSEOの考え方、ブログの書き方などは、おそらくブロガーとして生きてきたこの数年間の間に体に染み付いていると思います。

別に「これらの商材を読んでも稼げない」「詐欺だ」と言っているわけではなく、ブロガーには必要のない情報がほとんどなのでわざわざ買う必要はない、という意味ですのであしからず。

それよりも個人的にオススメなのは、ASPの主催するセミナーや、無料のアフィリエイト会員でセミナー動画を見られるサービスが有りますので、それらのセミナーで「商材についてのマーケットやキーワード候補、売り方の一例」などを見たほうがよっぽどヒントになると思います。

個人的には、アフィリエイトフレンズの無料会員(アフィリンクではないので安心してクリックしてください)で見れる動画で業界の説明を聞いたことが、アフィリエイターとしてブレイクスルーするきっかけになったと思っています。
有料会員も有りますが、無料会員でまずは十分だと思うので、ぜひ入ってみてください。

参入するジャンルについて

アフィリエイトで稼ぎやすいジャンルとしてよくあげられるのは以下の様なジャンルです。

高単価な案件

  • カードローン
  • クレジットカード
  • FX

一括査定案件

  • 車買取一括査定
  • 引っ越し一括査定

バブルな案件

  • 脱毛

主にこの3つの種類に分けられます。

まず、高単価の案件が稼げるのはなんとなくイメージはつくと思います。
次に「一括査定」案件は、ユーザーにお金を払ってもらうわけではなく、一括査定サイトに個人情報を入力して無料査定に申し込んでもらうだけの案件なので、比較的簡単にコンバージョンを取ることができる、という案件です。

最後に「バブルな案件」の脱毛は、ミュゼプラチナムなどのCMでご存知だとは思いますが、たった200円でワキ脱毛通い放題の来店をしてもらうだけで数千円のアフィリエイト報酬があるからです。(ただし、今がバブルで客の出費とアフィ報酬単価がかけ離れているだけで、いつバブルが終わるかはわかりませんが)

これらの稼げると言われるジャンルの中で、あなた自身が興味がわくものがあれば、そこから手を付けるのがいいと思います。男性なら自動車、女性なら脱毛が一番無難だと思います。

ASPごとに得意なジャンルがあることを知り、なるべく多くのASPに登録する

おそらくアフィリエイトをしたことがないブロガーの方でもA8というASPはご存知だとは思いますが、アフィリエイトのASPはソレ以外にも沢山有ります。

  • A8.net
  • アフィリエイトB
  • アクセストレード
  • バリューコマース
  • リンクシェア
  • TCS
  • JAnet
  • SCAN
  • レントラックス

など

ASPによって得意な案件や力を入れているジャンルが違いますので、参入するジャンルに適したASPを適宜選択することが必要です。

ASPによっては単価が違ったり、特別単価が出やすかったり、という違いが有りますので、なるべく多くのASPに参加することが重要です。

慣れてきたらブロガーならではの切り口でアフィリエイトができる

アフィリエイトの情報商材を読んで始める初心者アフィリエイターは商標アフィリエイトという手法が非常に一般的で、「商品名 評判」「商品名 口コミ」などのキーワードを狙っている方が非常に多いです。
これらは確かに頭を使わなくてもコンテンツ量、被リンク量が多ければ一時的に検索上位に出るため、初速は稼ぎやすいのですが、商標キーワード狙いは広告主からは好まれませんし、競争が激しく、被リンク数での殴り合いになって結果ペナってサイトが飛んでしまう、ということが起こりがちです。

でも、この記事を読んだブロガーさんはアフィリエイトの情報商材は読んでいないわけなので、一般的なブロガーと同じ修羅の道は辿らなくて済みます。それどころか、最初は「ゴミサイトばかり」だと思っていたアフィリエイトサイトの合理性が理解できるようになったブロガーは、売れるコンテンツの組み立て方も、集客する人脈も、サイトをバズらせる為のソーシャル・ネットワークの活用もすべての要素をすでに手に入れてしまっているのです。

まだ足りない要素や勉強が足りない部分は当然あるでしょうけど、これらのすべてを平均的にでも持ってアフィリエイトをスタートできるのは非常に速いスタートダッシュを切れます。

それに、アフィリエイターとは正反対の考え方で記事を書いてきたブロガーだからこその「キーワードの選び方」や「記事の書き方」「CVにつなげる誘導するコンテンツの動線」は、ほかのアフィリエイターさんが思いつかなかったような方法論をブロガーさん自身で考えだすことができると思います。

あとは、商材のターゲットはどういう人なのか、何に悩んでいるのか、何をして欲しがっているのか、どういうコンテンツを読みたがっているのか、どう背中を押せば商品を買ってくれるのか、これらを真剣に考え続けていけば、うれるアフィリエイトサイトは作れるようにすぐになると思います。

One thought on “ブロガーがアフィリエイトに参入するときの心得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です